徳島市民の文化活動の活性化を図り、文化の創造を支援いたします

公益財団法人文化振興公社

Cultureインデックス

心の花四国歌会カテゴリ: 文学

所在地 徳島市八万町中津浦 184-13
代表者 楠本 邦利
連絡先 088-653-9472
ホームページ

活動内容

1.短歌結社「心の花」について 短歌結社誌「心の花」は、1898年(明治31年)佐佐木信綱を中心に創刊され、100年を越える長い伝統を持っています。「心の花」には、「ひろく、深く、おのがじしに」という理念があり、木下利玄、川田順、石川一成、片山広子、柳原白蓮、真鍋美恵子など既に故人になっているが、多くの優れた歌人が誕生しています。
現在は佐佐木幸綱が編集人であり、竹山広、石川不二子、伊藤一彦、俵万智、谷岡亜紀、大口玲子など 沢山(毎月の出詠者 約550人)活躍されています。(発行所は東京都世田谷区の佐佐木幸綱宅にあります。)
「サラダ記念日」の俵万智以後も新しい会員が次々と歌壇の各賞に応募し受賞されており、平成13年度の 短歌研究新人賞に本会員の小川真理子さん、引き続き平成17年度の同賞に本会員の奥田亡羊さんの「麦と砲弾」が受賞されました。


2. 「心の花四国歌会」について
(1)設立の経過・趣旨及び設立年月日
 「心の花」には、「東京歌会」はじめ各地に23の歌会があってそれぞれの地域に根を下ろして活動し、当「四国歌会」は一番新しい歌会であって四国在住の心の花会員15名により、短歌の勉強と連帯を図る趣旨から平成17年1月23日に結成しました。
代表は楠本邦利、事務局補助は鎌田由紀、会計係は佐坂恵子によって運営を行なっています。

(2)活動など 歌会は年4回 各県持ち回りです。

(3)会費その他
「心の花四国歌会」の年会費は2千円であり、「心の花」の会員以外でも趣旨に賛同者は平等の立場で入会できます。

阿波の歴史を小説にする会カテゴリ: 文学

所在地 鳴門市大麻町板東字采女 17-5
代表者 林 啓介
連絡先 088-689-1253(電話・FAX)
ホームページ

活動内容

1. 年1回「阿波の歴史小説」を出版(会員の作品集)
単行本 約250ページ 1,200円
現在25集まで刊行(各巻毎にテーマ設定)

2.毎年徳島城博物館において講座「阿波の文学と歴史セミナー」(年10回)を主催
地方出張セミナーも新設(本年は石井町にて)

3. 四国放送ラジオにて毎週日曜日8:15より「阿波の歴史小説」を岡本和夫アナウンサーが朗読

ひまわり俳句会 弥生支部カテゴリ: 文学

所在地 徳島市城東町1丁目 2-38
代表者 坂東 良子
連絡先 088-622-6930
ホームページ

活動内容

ひまわり俳句会弥生支部は、昭和57年春に誕生しました。
毎月の句会は18日と決め、徳島市立木工会館3階のお部屋で他の支部の方達と合流して研鑽を積んでおります。

弥生支部の自慢は、「和」の一語に尽きます。それぞれの方が、それぞれ好きなように俳句を作り、一句一句に深く掘り下げて研究してますので、全くの初心者の方も、入会して一年も経たないうちに随分と力がつくようになります。また、俳句を作りながら旅をする吟行にも出かけています。
歳時記と筆記用具だけで生まれる宝物を作ってみてはいかがでしょう。

ページトップへ戻る