徳島に新しい魅力と新しい文化を・・

徳島ガラススタジオは公益財団法人 徳島市文化振興公社が管理・運営しております。

徳島ガラススタジオ

技法あれこれ

ホットワーク(ホットテクニック)

吹きガラス

吹きガラス

熔解炉などで高温溶融されたガラスを、吹き竿に巻き取って、息を吹き込んで成形するガラス工芸技法を言います。
吹きの技法を使って、グラス、ボール、皿、花器など様々なガラスの器が作られます。

宙吹き

宙吹き

ベンチと呼ばれる作業台を使用したりして、空中で吹き上げていく技法のこと。

型吹き

型吹き

型に吹き込んで成形する技法のこと。主に金型、木型、石膏型等が使われます。

コールドワーク

カットグラス

カットグラス

グラインダーでガラス器物の表面を切削して文様を表現する技法でグラインダーカットと呼ばれます。

パート・ド・ヴェール

パート・ド・ヴェール

ガラス粉を石膏型の中に充填し、型のまま炉の中に入れ、型の中でガラス粉を溶かして、型どおりのガラス作品を作る技法。

サンドブラスト

サンドブラスト

砂を噴射させるという意味で、細かい金剛砂の粒子を圧搾空気を使って小さなノズルの先から噴射してガラスの表面に当てて、その部分を削る技法。

モザイクガラス

モザイクガラス

色ガラス棒や色板ガラスを適当な長さや大きさに切断し、それをモザイクのように型の中に並べて溶かし合わせ、型どおりの器を作る技法。

エナメル絵付け

エナメル絵付け

エナメルは低融点のガラス質顔料のことで、これを使ってガラス器物に彩画して焼き付けるとエナメル顔料とガラス素地が一体化して、半永久的にはがれや変色をおこしません。

バーナーワーク

バーナーワーク

バーナーを使ってガラスを細工します。トンボ玉やホウケイ酸ガラスの管や棒で作る理化学用機器もこの技法で作ります。

フュージング

フュージング

数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させる技法。

スランピング

スランピング

ガラスをカットし耐火物の上に乗せ電気炉で熱して柔らかくし、型に沿うように自然に曲げて加工する技法。

動画でご紹介

ページトップへ戻る